ギャラリー

ギャラリー
ギャラリー

ミニギャラリー(10月・11月)

瞑想
作品名:瞑想
小島 温子

大学生のときに切り絵の楽しさを知り、趣味で作り始める。和紙とカッターナイフを用いて、幾何学模様やステンドグラス、鳥やクラゲをモチーフにした作品を制作している。三田市美術展等で入賞。約15年間三田市で過ごし、現在は長崎県で獣医師をしながら切り絵制作を続けている。

 

いけばなコーナー

  • 10/1~ 白谷 弘甫(未生御流 和広会)
  • 10/8~ 大東 由華(池坊)
  • 10/15~ 泉 友甫(未生御流 和広会)
  • 10/22~ 金谷 美甫(未生流中山文甫会)
  • 10/29~ 松原 多賀甫(未生御流 和広会)
  • 11/5~ 廣谷 羊甫(未生御流 和広会)
  • 11/12~ 今西 美津甫(未生流中山文甫会)
  • 11/19~ 林田 桂甫(嵯峨御流)
  • 11/26~ 安藤 佐智甫(未生流)

*木曜に活け替え、変更することがございます。

協力:三田市茶華道協会

常設展示(1階エントランス)

荒木高子(あらき たかこ)

プロフィールはこちら

常設展示(1階エントランス階段前)

■1階エントランス階段前の写真が変わりました!(常設展示)

2017年7~8月にかけて、開館10周年記念事業の一つとして「『メガメガ キラキラ 日常組』西村正徳展」を開催致しました。三田市を拠点に活動する西村正徳氏の代表作、市内の小・中学校と共同制作した作品、ワークショップ等の写真を展示しています。

中庭ギャラリー

中庭の作品が変わりました!

2020年7月4日(土)七夕フェスティバルでアートワークショップ「キラキラガラスの星空を作ろう」を開催。
三田市ガラス工芸館さんの協力で皆さんが作った色とりどりの作品を8/31まで展示します。
キラキラ光るガラスの星空をぜひ見に来てくださいね!

「市民ギャラリー」利用者を募集しています!

郷の音ホールでは、1階中庭北側の廊下を「市民ギャラリー」として開放します。文化活動を行っているサークル、個人でも利用いただけます。日頃の創作活動の発表や鑑賞の場としてぜひご利用ください。

■申込方法
「市民ギャラリー利用案内」をご覧いただき、「市民ギャラリー利用申込書」に必要事項を記入の上、郷の音ホール事務室までお申込ください。

市民ギャラリー利用案内
市民ギャラリー利用申込書