さとのね流 お仕事拝見!

主催公演 会議室1 終了
さとのね流 お仕事拝見!
※画像をクリックするとチラシPDFが表示されます

三田や郷の音ホールにご縁のある方を中心に様々な職業の方をお招きし、仕事の内容、携わったきっかけや動機、やりがいや魅力、失敗談、仕事を通じて目指していることなど、ざっくばらんにお話しいただきます。

第13回:2018年11月13日(火)
第14回:2019年3月19日(火)

日時
2018年11月13日(火)、2019年3月19日(火)

10:00~11:30

場所
会議室1
定員
35名(要申込・先着順)
講師

第13回:一木美貴子(役者)
第14回:小林泰三(デジタル復元師・日本美術史家)

料金

一般:500円(1回)
Sato-Netくらぶ:300円(1回)

※受付:8月2日(木)~

問い合わせ先
郷の音ホールチケットセンター
〒669-1531 兵庫県三田市天神1-3-1
TEL:079-559-8101
主催

三田市総合文化センター指定管理者JTBコミュニケーションデザイングループ

後援

三田市

プロフィール

一木 美貴子(いちき みきこ)

関西芸術座付属研究所~劇団大阪~劇団五期会を経て2010年より
演出家河上幸代とプロジェクトKAIで舞台活動をしている。

主な出演作品
NHK
「カーネーション」「ごちそうさん」

NHK BS
「子連れ信兵衛」「京都人の密かな愉しみ」

MBS
「遺品整理人」

ABC
「僕と私の、ひらパー姉さん」

KTV
「大阪環状線 ひと駅ごとの愛物語」

映画
「忍たま乱太郎 夏休み宿題大作戦の段」田崎竜太監督
「花よりもなほ」是枝裕和監督

舞台
「藤山直美公演・妻をめとらば」
ピッコロシアタープロデュース「マルーンの長いみち」

エフエム伊丹パーソナリティ1996年~2009年
その他ラジオドラマ・CM等
現在、平成30年度後期NH?連続テレビ小説「まんぷく」大阪ことば指導担当
三田市在住

小林 泰三(こばやし たいぞう)

大学卒業時に学芸員の資格を取得。
大手印刷会社で美術品のデジタル復元を手掛け、その先駆けとして評価され、マルチメディアグランプリなど数々受賞。
手掛けた作品は、飛鳥時代の高松塚古墳壁画から昭和時代の白黒写真&フィルムのカラー化まで、多岐にわたる。
NHK「日曜美術館」「歴史秘話ヒストリア」、TBS「教科書にのせたい!」など出演。近著「誤解だらけの日本美術」。三田と東京を拠点に活動。

デジタル復元とは…コンピューターに取り込んだ作品画像をデジタル処理し、あせた色を制作当初の鮮烈な色に復元。その画像をプリント、表具してできたレプリカを使い、「触って体感する」鑑賞をします。