三田市総合文化センター 郷の音ホールアーティスト・イン・レジデンスとは?
郷の音ホールでは、地元三田にお住まい、あるいは三田にゆかりのある演奏家を三田市民みんなで応援するプロジェクト「郷の音ホール アーティスト・イン・レジデンス」を2011年に立ち上げ、郷の音ホールをホームグランドに市民に良質な音楽を提供する“我が街・三田のアーティスト”として、さまざまな演奏家の方々をバックアップして参りました。
第4回の募集となる今回は第3回の募集と同様に、日ごろ郷の音ホールをご利用いただいている三田市および隣接地域の才能ある演奏家を「SATONONE レジデンシャル・アーティスト」として、ソロの演奏家・グループを問わず募集いたします。 郷の音ホールでのコンサート、ホール関連のイベント、市内でのアウトリーチ活動(小学校・福祉施設など)などに参加し、地域の人たちとの間に継続的で親密な関係を作っていただき、三田市民および隣接地域の皆さんにとって音楽が身近に感じられるような豊かなコミュニティ作りのお手伝いをしていただきたいと思います。

【応募資格】
■以下の事項を応募資格とします
  1. プロまたはプロの演奏家を目指す、三田市及び隣接地域にお住まいの方
(現在、下記地域で生活の拠点を構えている方)
※隣接地域:西宮市、篠山市、加東市、三木市、神戸市、宝塚市、川西市、伊丹市、 猪名川町
  2. グループ・ユニットの場合は構成人数3名以内とします。またその内、三田市及び隣接地域にお住まいの方が1名以上在籍していれば問題ありません
  3. 音楽のジャンル、楽器の種類などは問いません
  4. 他のレジデンシャル・アーティストとのアンサンブルにも対応出来ること
  5. 楽器使用の場合は個人手配のものを使用することを基本とする(ピアノは除く)
  6. 郷の音ホールをホームグランドにして、年2〜3回ホールでのコンサートの他にホールや市内でのイベント、アウトリーチ活動に参加し、地域の人たちとの間に継続的な親密な関係を作ってもらい、三田市民および隣接地域の皆さんにとって音楽が身近に感じられるような豊かなコミュニティ作りのお手伝いしてくれる演奏家


【応募方法】
応募者は必要事項を記入した所定の参加申込書と、2017年9月1日以降に録音した音源3曲をオーディオCDとしてCDに焼き付け(MP3等データでの焼き付けはNG)を添えて、下記まで送付または、ホール事務所まで持参してください。
演奏曲目の指定はありません。CDの盤面に必ず氏名を記載してください。
なお、提出いただいた書類や音源は返却いたしません
【申込先】 〒669-1531 三田市天神1丁目3番1号 三田市総合文化センター
       SATONONE アーティスト・イン・レジデンス2018係 宛

【応募に関して】
■募集期間
  2017年11月2日(木)〜2018年1月12日(金)必着
■参加料
無料。ただし、オーディション(2次選考)に係る会場までの旅費(交通費、宿泊費)、伴奏者に係る経費、食費など一切の経費は自己負担となります
 

【選考スケジュール等】
■1次選考について
  ・参加申込書ならびに音源による書類審査を行います
  ・選考結果は、2018年1月23日(火)までに本人へ直接連絡を行います
■2次選考(オーディション)について
選抜後の実演を想定した「音楽に余りなじみのない入門者を対象にして、”音楽って楽しい!“と思ってもらえるようなショートプログラム」(15分程度/演奏やお話を含む)の構成を各自で考え披露していただきます
  ・その後10分程度の面接を行います
  ・演奏内容および時間等の詳細については、1次審査通過者に個別でご案内します

  実施日時: 2018年2月24日(土)
  実施会場: 三田市総合文化センター 郷の音ホール
  審 査 員: 中野慶理(ピアニスト)
佐々木次彦(三田市総合文化センター 音楽部門プロデューサー) 他に有識者数名
※オーディションは非公開

■選考結果について
  選考結果は、2018年3月5日(月)までに本人への直接連絡と郷の音ホールHP上で発表します
■その他
  レジデンシャル・アーティスト合格者のお披露目コンサートは、2018年7月初旬を予定してい
  ます

■選考基準
一に質の高い音楽を提供できる能力があり音楽的に優れていることはもちろんですが、当事業の主旨である「市民にとって音楽が身近に感じられるような豊かなコミュニティ作り」にホールと共に取り組んで頂ける姿勢を持ち合わせているのかも、重要な選考基準となります
演奏技術力以外に下記をポイントとして考え、選考を行います
・多様な観客層に対して的確なアプローチができるプログラムが組めること
・多様な音楽を楽しむ環境を作るため、観客やコミュニティとのコミュニケーションを積極
 的に行えるテクニックやアイデアがあること

■募集人数
  ・2〜3演奏家(グループ)を予定

■活動期間
  ・基本的に最終決定から2018年度内の活動となります(2019年度にかけて期間延長の可能性
  があります)

■活動内容(予定)
(1)レジデンシャル・アーティストお披露目コンサート(2018年7月初旬の週末1日)
(2)レジデンシャル・アーティストコンサート/各自のリサイタル(2018年9月〜19年3月で1
  日)
(3)アウトリーチ活動研修会(秋に1日開催・アウトリーチプログラム案に関する研修会。必ず受
  講のこと)
(4)アウトリーチ演奏会/三田市内の学校、施設などでの演奏会(2018年10月〜12月の間で3日
  程度)
(5)ホール関連イベントへの参加(ニューイヤーコンサートなど。レジデンシャル同士のアンサン
  ブルも含む)
  ※活動としての拘束は年間約5〜7日間程度の本番日を予定

■活動支援内容
○下記の内容に関して登録期間中ホールから活動支援を行います
SATONONEレジデンシャル・アーティストの活動費として、各個人・グループに1年間で最大35万円を限度に支援いたします
  上記金額は、演奏の対価・楽器に関する費用やホールまでの移動に関する費用を含むものとなります(詳細金額に関しては、2次選考内容と共にお知らせいたします)
○以下の費用は別途ホール側が負担します
  ・郷の音ホールで開催するコンサートにかかる諸経費
  (ホール使用料、チラシ作成等の宣伝関係費など)
  ・レジデンシャル・アーティスト活動のための練習で、郷の音ホールの練習室を使用する費用
  ・ホール外(イベントやアウトリーチ等)での活動にかかる移動交通費
  (ホールまでの移動は除く)
  
■過去のSATONONE レジデンシャル・アーティストの方の応募に関して
○第1回〜第3回レジデンシャル・アーティストで活動された演奏家・グループの応募は可能
 ですが、同じ形態での応募は受け付けません
○応募される場合は、活動されていた時とは違う形態(ソロの方はグループやユニット、アンサ
 ンブルの場合は異なった構成でのアンサンブルやソロ、ユニットなど)でご応募ください


【募集概要・申込書ダウンロード】
  >>募集概要はこちら
  >>申込書はこちら


【過去のSATONONE レジデンシャル・アーティスト】

SATONONE レジデンシャル・アーティスト2016

SATONONE レジデンシャル・アーティスト2013

SATONONE レジデンシャル・アーティスト2011

■問い合わせ先
各種問い合わせは、FAXもしくはEメールでお願いいたします。電話での問い合わせは受付いたしません
  問い合わせをしていただく場合は、必ず件名に「SATONONEレジデンシャル・アーティスト
に関して」と明記してください
  審査内容についての問い合わせには応じられませんので、ご了承ください
  Email:information@sanda-bunka.jp
  FAX  :079-559-8110
三田市総合文化センター郷の音ホール
〒669-1531 兵庫県三田市天神1丁目3番1号 開館時間/9:00〜22:00 休館日/水曜日(祝日の場合は翌平日)
TEL/079-559-8100(※郷の音ホールチケットセンター:079-559-8101/10:00〜19:00)
【指定管理者:JTBコミュニケーションデザイングループ】
Copyright(C)SATONONE HALL. All rights reserved.