【ミニギャラリー】(4・5月) 協力:三田アートネットワーク

伊藤 久佳(ひさか)

1959年 川西市生まれ
1983年 同志社大学文学部卒業後、メキシコで制作を行う。
1993年 帰国後、愛知県にて制作を行う。
2005年 三田市に工房を移す。
2012年 第一回床の間アートコンペにて最優秀賞受賞。

三田市の「ギャラリーけやき」など、東京、名古屋、大阪、神戸、京都などのギャラリーで個展を開く。

【いけばなコーナー】 協力:三田市茶華道協会

3/30〜 井上 宏甫 (未生流中山文甫会)
4/ 6〜 杉坂 貴美甫 (嵯峨御流)
4/13〜 伊藤 美也甫 (未生流中山文甫会)
4/16〜 松前 範甫 (嵯峨御流)
4/20〜 田中 美甫 (未生流)
4/27〜 矢野 美華 (池坊)
5/ 4〜 亀井 幸甫 (未生流)
5/11〜 嵐 よし甫 (未生御流)
5/18〜 泉 友甫 (未生御流)
5/25〜 金谷 美甫 (未生流中山文甫会)

*木曜に活け替え、変更することがございます。

【中庭、1階エントランス】

鉄の造形作家 近藤明さんの作品を展示中です。

『虹のベンチ』

近藤 明 (こんどう あきら)

1953年 大阪生まれ
1970年 このころより自分はどのように生きて、どこへ行こう
      とするのか? などと考えつつ富山、長野の山の中
      で暮らす。
1984年 鉄を素材にモノ造りを始める
1988年 三田市永沢寺に移住
      「空間づくり」をテーマとする
2009年 丹波篠山アートフェス参加、ギャラリーけやき、しあわせなふくろう、サーカスサーカス個展

神戸の人気カフェ「アリアンスグラフィック」、神戸三宮駐車場ビル壁面アート、兵庫県出石町立「ヒボコホール」スピーカーなど店舗も多数手がける。

【常設展示(1階エントランス)】

荒木高子(あらき たかこ)

プロフィール(PDFデータ)



【常設展示(1階エントランス階段前)】

「さとのね七夕フェスティバル(2012.7.8)」で、市民ボランティア「We LOVEさとのねプロジェクト」が『みんなの気持ちを風船でとばそう』を企画、500個の風船に花の種と短冊をつけて飛ばしました。写真を展示しています。ぜひご覧ください。



郷の音ホールでは、1階中庭北側の廊下を「市民ギャラリー」として開放します。文化活動を行っているサークル、個人でも利用いただけます。日頃の創作活動の発表や鑑賞の場としてぜひご利用ください。

■申込方法
「市民ギャラリー利用案内」をご覧いただき、「市民ギャラリー利用申込書」に必要事項を記入の上、郷の音ホール事務室までお申込ください。
  >>市民ギャラリー利用案内 (PDF 746KB)
  >>市民ギャラリー利用申込書 (PDF 377KB)





 
三田市総合文化センター郷の音ホール
〒669-1531 兵庫県三田市天神1丁目3番1号 開館時間/9:00〜22:00 休館日/水曜日(祝日の場合は翌平日)
TEL/079-559-8100(※郷の音ホールチケットセンター:079-559-8101/10:00〜19:00)
【指定管理者:JTBコミュニケーションデザイングループ】
Copyright(C)SATONONE HALL. All rights reserved.