画像をクリックするとチラシPDFが表示されます
2018年3月4日(日)
・開場=14:30 ・開演=15:00
大ホール
一般 /3,800円
Sato-Netくらぶ /3,500円
高学生以下 /1,000円
*全席指定
*未就学児の入場はご遠慮ください
発売日
Sato-Netくらぶ先行発売
10月23日(月) 9:00〜
10:00〜
窓口販売開始
電話予約開始
一般発売
10月30日(月) 9:00〜
10:00〜
窓口販売開始
電話予約開始
満を持して、大阪フィルが郷の音ホール初登場!
実力派指揮者と華やかなソプラノ・テノールを迎え、開館10周年を盛大に締めくくります!
指  揮   大井 剛史
ソプラノ 市原 愛
テノール 山中 雅博
管弦楽  大阪フィルハーモニー交響楽団

特別出演
ボーイソプラノ 込山 直樹(三田少年少女合唱団)
【プログラム(予定)】

・ワーグナー/楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第1幕への前奏曲
・グノー/歌劇「ロメオとジュリエット」より“私は夢に生きたい”
・レオンカヴァッロ/歌劇「道化師」より“衣装をつけろ”
・プッチーニ/歌劇「ラ・ボエーム」より“私が町を歩くと”
・モーツァルト/歌劇「フィガロの結婚」より“恋とはどんなものかしら”
・ロッシーニ/歌劇「セヴィリアの理髪師」より“今の歌声は”
・プッチーニ/歌劇「トゥーランドット」より“誰も寝てはならぬ”
・ヴェルディ/歌劇「椿姫」より“乾杯の歌”
 〜〜〜〜〜 休憩 〜〜〜〜〜
・ムソルグスキー(ラヴェル編)/組曲「展覧会の絵」

〜プロフィール〜
大井 剛史 OI Takeshi/指揮

東京芸術大学および大学院にて松尾葉子氏に師事、若杉弘、岩城宏之、レヴァイン、マズア、ジェルメッティ、カラプチェフスキーの各氏から指導を受ける。2000〜2001年、仙台フィルハーモニー管弦楽団の副指揮者として研鑽を積み、2007〜2009年、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団にて研修。2009〜2016年3月までニューフィルハーモニーオーケストラ千葉(現・千葉交響楽団)常任指揮者、2009〜2012年山形交響楽団指揮者、2013〜2017年3月同正指揮者を歴任。現在、東京佼成ウインドオーケストラ正指揮者。このほかほとんどの国内主要オーケストラを指揮し、多彩なレパートリーと誠実な指揮でいずれも高い評価を得ている。オペラの分野では、在学中より新国立劇場、東京二期会などのオペラ公演で副指揮者を務め、2002年「ペレアスとメリザンド」(ドビュッシー)を指揮しデビュー、以降多くのオペラ作品を指揮するほか、ミュージカル「ウエスト・サイド・ストーリー」(バーンスタイン)も指揮。バレエの分野では「ロメオとジュリエット」(プロコフィエフ)などで新国立劇場バレエ団の公演を度々指揮、国内を代表するバレエ団やダンサーが一堂に会した「NHKバレエの饗宴」でも指揮を務めた。
2008年アントニオ・ペドロッティ国際指揮者コンクール第2位。
尚美ミュージックカレッジ専門学校客員教授。

〜プロフィール〜
市原 愛 ICHIHARA Ai/ソプラノ

神奈川県生まれ。東京藝術大学を経て、ミュンヘン国立音楽大学大学院に学び、その後ミュンヘンのプリンツレゲンテン劇場、バイロイトの辺境伯歌劇場、バーデン州立歌劇場、アウグスブルクのゲッギンゲン・クアハウス劇場、アウグスブルク歌劇場(専属ソロ歌手)、ハンブルガー・カメラータ、ミュンヘン放送管弦楽団に客演。国内では、小澤征爾、クリスティアン・アルミンク、ハンス=マルティン・シュナイト、ヘルムート・ヴィンシャーマンなどの指揮者のもと、読売日響、都響、東京フィル、日本フィル、新日本フィル、東京シティ・フィル、神奈川フィル、大阪フィル、京響、広響などと共演。2013年トリノ王立歌劇場日本公演では「仮面舞踏会(ヴェルディ)」でオスカル役に、2015年2月〜4月には錦織健プロデュース・オペラVol.6「後宮からの逃走(モーツァルト)」の全国ツアーでブロンデ役に起用され、その歌唱力と演技で聴衆を魅了した。
2017年7月には、トリノ王立歌劇場管弦楽団のコンサートマスター、首席チェロ奏者、ピアニストによる「トリノ・トリオ」日本ツアーにソプラノとして参加。 オーケストラとの共演、室内楽、ソロ・コンサート、テレビ出演など、多方面で活躍中。

2015年10月ファーストアルバム「歌の翼に」(オクタヴィアレコード)をリリース。
オフィシャル・ホームページ http://www.aiichihara.com/

〜プロフィール〜
山中 雅博 YAMANAKA Masahiro/テノール

京都市生まれ。大阪音楽大学卒業。数々のオペラやコンサートに出演し、その希望に充ちた歌声と、 圧倒的な存在感で観る者を魅了する。 2018年6月、関西二期会オペラ「道化師」では、主役カニオで出演する。 先頃、俳優原田大二郎と、ライヴハウス磔磔にて共演し、満席の観客を大いに沸かせた。
第21回太陽カンツォーネコンコルソ優勝、第14回大阪国際音楽コンクール オペラコース エスポワール賞、 第16回「万里の長城杯」国際音楽コンクール 声楽部門第1位 及びテノール特別賞、第45回イタリアコンコルソ聴衆賞、 ほか多数受賞。関西二期会会員。京都音楽家クラブ、高槻音楽家協会、各会員。芸術家グループVERITA主宰。

〜プロフィール〜
込山 直樹 KOMIYAMA Naoki/ボーイソプラノ

三田市立富士中学校1年生。ボーイソプラノの美しい歌声を評価され、数々のオーディションに合格し舞台を得ている。 2016年7月、ブリテン作曲「夏の夜の夢」蜘蛛の巣(兵庫県立芸術文化センター佐渡裕芸術監督プロデュースオペラ)。2017年7月、バーンスタイン作曲「ミサ」児童合唱及びボーイソプラノソリスト(大阪フィルハーモニー交響楽団・井上道義総監督)。同年11月、音楽イベント「ユーリ!!! on concert」ボーイソプラノソリスト(幕張メッセにて開催)。それぞれに出演。
現在、三田少年少女合唱団所属(小学3年生より入団)。声楽を小中公平氏に師事。


大阪フィルハーモニー交響楽
SAKA PHILHARMONIC ORCHESTRA/管弦楽

1947年「関西交響楽団」という名称で発足。1960年に現在の名称となり、創立から2001年までの55年間、朝比奈隆が常任指揮者・音楽総監督を務めた。その後、2003〜2011年まで大植英次が音楽監督、2014〜2016年まで井上道義が首席指揮者を務め、尾高忠明が2017年4月よりミュージック・アドヴァイザー、2018年4月に音楽監督に就任予定。2016年に指揮者に就任した角田鋼亮と2人の指揮者体制となる。演奏活動は本拠地であるフェスティバルホールでの「定期演奏会」(年10回、毎回2公演開催)をはじめ、ザ・シンフォニーホールにて平日昼に開催している「マチネ・シンフォニー」や平日夜の「ソワレ・シンフォニー」、大阪のメインストリートである御堂筋や中之島の街角で繰り広げる音楽イベント「大阪クラシック」など多彩な活動を行っている。その他、全国各地でも文化振興に貢献しており、海外では数回にわたるヨーロッパ、カナダ、アメリカ、韓国、台湾での演奏旅行において絶賛を博した。また、井上道義の指揮で「ショスタコーヴィチ/交響曲第4番」「同/交響曲第7番〈レニングラード〉」「同/交響曲第11番〈1905年〉」のCDを相次いでリリースするなど、録音にも積極的に取り組んでいる。
公式ホームページ http://www.osaka-phil.com/
チケット取扱い
郷の音ホール
チケットセンター
TEL:079-559-8101
パソコン(事前要登録/一般料金より5%off)
オンラインチケットご予約・ご購入はこちら
その他
○車イス席
車椅子のまま鑑賞いただける車椅子スペースがございます。定員に限りがございますので、お早めにお申し付けください。
【料金】
一般料金もしくはSato-Netくらぶ料金
*付添者は1名無料
【申込】
079-559-8101 郷の音ホールチケットセンター
 
○託児サービス
当事業には、託児サービスがございます。
定員に限りがございますので、ご利用にあたり事前に予約が必要です。

*有料/要予約※締切2月22日(木)
  詳しくはこちら


お問い合わせ
郷の音ホールチケットセンター
〒669-1531 兵庫県三田市天神1-3-1
Tel 079-559-8101 Fax 079-559-8110
□主催/ 三田市総合文化センター指定管理者JTBコミュニケーションデザイングループ
□後援/ 三田市、三田市教育委員会、ハニーFM
三田市総合文化センター郷の音ホール
〒669-1531 兵庫県三田市天神1丁目3番1号 開館時間/9:00〜22:00 休館日/水曜日(祝日の場合は翌平日)
TEL/079-559-8100(※郷の音ホールチケットセンター:079-559-8101/10:00〜19:00)
【指定管理者:JTBコミュニケーションデザイングループ】
Copyright(C)SATONONE HALL. All rights reserved.