画像をクリックするとチラシPDFが表示されます
2015年11月1日(日)
・開場=16:30 ・開演=17:00
大ホール
一般 /6,900円
*全席指定
*年齢制限なし、但し4歳未満でもご入場される全てのお子様
  のチケット必要。
発売日
Sato-Netくらぶ先行発売
6月23日(火) 9:00〜
10:00〜
窓口販売開始
電話予約開始
一般発売
7月25日(土) 9:00〜
10:00〜
窓口販売開始
電話予約開始


横山 剣 (写真 中央) インタビュー

―――どのような子供時代でしたか?
とにかく車が大好きで、6才の頃に「グラン・プリ」という映画を見て、モータースポーツ・車社会や車周辺やファッション・そしてプレイボーイなライフスタイルに興味を持ちましたね。特に音楽、車とシンクロした時代だったから勝手に車に似合う曲のイメージをふくらませて作曲していました。気がついたら頭にメロディーとかアレンジ・和音が頭に浮かんできました。作曲家を目指して売り込みに行きまたが全然使ってくれないので、それなら俺が歌ってやる!と思って、自分で歌い始めました。

―――本格的に音楽活動を始めたのはいつ頃ですか?
17.18才まで作曲の仕事を求めて売りこみをしてたんですけれども、そんな時に「クールス」と出会い、最初はバンドボーイ→マネージャー→ファンクラブの責任者になって、次にまた人事異動だと言われて、今度は何ですか?と聞いたら「クールスで歌をうたえ」と (笑) えー、ボーカルに人事異動になったっていうのが最初1981年でございます。僕が20才から21才になる位にクールスのメンバーになりました。それが、プロデビューでございます。そこから紆余曲折を経てクレイジーケンバンドに至ります。

―――クレイジーケンバンドの特徴を教えて下さい。
とにかく、全方向型音楽というか、ジャンルを決めず、脳内で鳴ったものを順次摘出して、それを現実の世界に押し出す東洋一のサウンドマシーン!!!といってます。ロックンロールをやる、ジャズをやるなどカテゴリの縛りなく、イメージできた楽曲をいかに最高に幸せな形で世に送り出すか、あるいはカッコ良く、センス良く世に出すかという事に命をかけているグループですね。チームワークにしては、とにかく趣味の合うメンバーで、一緒にツーリングに行ったりもしています。サックス奏者の中西君はハーレー、僕はカワサキZ-1に乗っていますけれどもね。とにかく気持ち悪いくらい仲の良い、中学2年生位の雰囲気が残っているグループです。

――― 今回郷の音ホールでのライブはどのようなステージになりそうですか?
出たとこ勝負ですね。システマチックになっている所もありますけど、コンサートは常に一点モノになるようにと思っています。アルバム「もうすっかりあれなんだよね」からは8〜9曲位でイキの良い所を…。皆さまに耳なじみのある曲も勿論しますが、今回は滅多にやらない曲をやったりもします。それからお客様のリクエストコーナーも数曲お届けします!あとは最高のコンサートをやるぞ!!!!という気合に燃えていますので、皆さま是非万障お繰り合わせのうえ、お越しいただければと思っています。

――― 最近の「イイネ!」な出来事はありましたか?
「イイネ!」な出来事だらけなんですが、1つ挙げるとしたら3月にバリ島に行ったんですね。アルバムを作るために、自分の中に蓄積された音楽のアクを空っぽにしたくてバリ島に行ったんですが、空っぽになると同時に強烈なソウルを感じましたね。アジアのパワーというか経済的にもヤル気とバイタリティみたいなものをいっぱい感じて、それをそのままアルバムに注入して、イキの良いアルバムが出てきちゃった!っていう感じですね。

―――リスナーの皆さんにメッセージをお願いします。
ハイ、今年のテーマは「もうすっかりあれなんだよね」という事になってます。あれっていうのは何かっていうと、出会って初めてわかるものなんですね。旅行に行くとき、「これがしたい、あそこに行きたい」っていうのも大切ですけど、それ以上に旅行に求めるものが行って初めてわかる「あれ」出会って初めてコレにこそ俺は出会いたかったんだ!という場面・物・状況に心が震える、これが「あれ」なんですね。あれを沢山感じられる音楽を皆さまにお聞かせしたいという気持ちでコンサート・音楽も臨みたいと思ってます。皆さまもどうか、音楽の「あれ」を目指して我々の音楽に触れて下さい。これが僕からのメッセージです。それと、素晴らしいサックス奏者、中西くんを育んだ三田市に感謝しています。
性格も良いし、空手マンとしても強いです。…たしか3位になったんだったかな?(平成27年度 全関東空手道選手権 正道会館) CKBも今回のアルバムで3位(オリコンアルバムチャート)に入ったから、三田市・アルバム3位・空手3位で3・3・3ですね!  縁起のよさにあやかって最高のコンサートにしたいと思います。どうぞ、よろしくお願いします。 イイネ!!!


中西 圭一 (写真左から2人目) インタビュー

―――音楽との出会いはいつ頃でしたか?
ハイ。音楽との出会い、というよりかは音楽に興味を持ち始めたのは小学校高学年位です。で、当時は沢田研二さんの「勝手にしやがれ」がレコード大賞をとった時期でツイストやサザンオールスターズがデビューしたのもその頃で、掃除の時間にホウキで真似事なんかを皆でしてっていう感じだったのが、こういうのカッコイイなぁと思いだした頃ですかね。

―――三田学園出身とお聞きしていますが、どのような学校生活を送っていましたか?
三田学園は、中学・高校と6年間通ってたんですが、当時まだ男子校の時代で今考えると6年間も男ばっかりでむさ苦しかったと思いますね(笑)で、勉強したという記憶が全くなくて、一体何をやっていたんだろうと思いますが(笑)大らかで良い学校でした。高3で同級生は部活も引退して、三田駅の周辺で理由も無くウロウロしたりして、そんなどうでもいい事が楽しかったし、イイ思い出だったなぁと思います。で、今も三田に帰ったら集まって飲みに行く友達が沢山いる、そういういい友達に出会えたことが本当によかったなと思います。

―――クレイジーケンバンドに参加するキッカケは?
剣さんとは以前から知り合いだったんですが、昔から本当カッコ良くて、何かあったら一緒にライブやりたいなぁとずっと思っていたんですね。剣さんに会う度に「剣さん!何かあったら誘って下さい!!」といつも言ってたんです。で、ある時剣さんが「中西くん!今度バンドやるんだけどサックス吹いてよ!」と言われて、本当に嬉しくて「やります!!!!」って感じだったんですが、それがクレイジーケンバンド結成、という感じですね、ハイ。それから色々あって、今も一緒にバンドを続けていられる事を、本当に嬉しく思ってます。

―――ステージ上で心がけていることはありますか?
ステージ上では、お客さんにも勿論楽しんでもらいたいんですが、自分も楽しむことを心がけてます。やっぱり自分が楽しくないとお客さんにも伝わらないと思うし、とにかく「音楽」音を楽しむ!音楽が苦痛になったら続けられなくなると思うんで、自然に楽しくできるようにやってます。

―――最近「イイネ!」な出来事はありましたか?
これはもう…三田市でコンサートができる事を本!当!に!嬉しく思います。前から三田市でコンサートをやりたいなぁと思っていたんですが、大阪や神戸との兼ね合いで実現しなかったんです…が!今回、同級生の廣岡淳(ひろおかあつし)くんの力添えとかもありまして、ようやく郷の音ホールに呼んでもらえることになりました!本当に嬉しく思ってます。これがきっかけで、これから毎年三田市でコンサートができるようになればいいなぁと思ってます!よろしくお願いします!!

―――三田のオススメは??
自分が三田に帰ったら、いつも行く2軒がありまして…。1軒目は、郷の音ホールのすぐ近くにある「パスカル三田」っていう所なんですが、ここで売ってるお肉と野菜は本っ当に美味しいです!!!お肉屋さんは同級生の廣岡誠道(ひろおかせいどう)くんがやっている丸優さんなんですが、ここの三田牛はもう最高に美味しいです。もう三田牛敵なしって感じですね。野菜は三田の農家の方から毎朝採れ立ての新鮮な野菜が入荷されてきて売っておられるんですが、三田の野菜がこんなに美味しいっていうのは最近まで気づきませんでした。自分も三田に帰る度に毎回大量に野菜を買い込んで持って帰ってます。パスカル三田です。で、もう1軒は相野の方にあります丹波立杭焼(たんばたちくいやき)の窯元で鎮台窯(ちんだいがま)という所です、これも同級生の大上和則(おおがみかずのり)くんが焼いている訳なんですが、ここの器も本当に良いです。自宅の7割以上の食器が鎮台窯さんのものです。自分も三田に帰る度に焼き物作りに行ったりしています。この2軒は同級生抜きにしても本当におすすめです。

―――皆さんにメッセージをお願いします。
今回、三田の郷の音ホールでコンサートができる事を本当にうれしく思います。これから、三田市の毎年の恒例行事にクレイジーケンバンドが加われば本当にいいなと思っていますので、今回も色々沢山の方に見に来て頂きたいなと思っています。この記事を読んで興味を持って下さった方がいれば是非会場に足を運んで頂ければいいなーと思ってるので、是非よろしくお願いします。中西圭一でした。イイネ!!
 
チケット取扱い
郷の音ホール
チケットセンター
TEL:079-559-8101
パソコン(事前要登録)
オンラインチケットご予約・ご購入はこちら
電子チケットぴあ TEL:0570-02-9999 [Pコード:268-007] URL:http://t.pia.jp/
ローソンチケット TEL:0570-08-4005 [Lコード:52565] URL:http://l-tike.com/
その他
○車イス席
車椅子のまま鑑賞いただける車椅子スペースがございます。定員に限りがございますので、お早めにお申し付けください。
【料金】
一般料金
【申込】
079-559-8101 郷の音ホールチケットセンター
 
○託児サービス
当事業には、託児サービスがございます。
定員に限りがございますので、ご利用にあたり事前に予約が必要です。

*有料/要予約※締切10月22日(木)
  詳しくはこちら

お問い合わせ
郷の音ホールチケットセンター
〒669-1531 兵庫県三田市天神1-3-1
 Tel 079-559-8101
□主催/ 三田市総合文化センター指定管理者JTBコミュニケーションズ・グループ
□後援/ 三田市、ハニーFM
□特別協賛/ 株式会社 西原商会
□企画制作/ ダブルジョイレコーズ/ホットスタッフ・プロモーション
□協力/ ダブルジョイ・インターナショナル/ユニバーサルミュージック/ダブルジョイ音楽出版
三田市総合文化センター郷の音ホール
〒669-1531 兵庫県三田市天神1丁目3番1号 開館時間/9:00〜22:00 休館日/水曜日(祝日の場合は翌平日)
TEL/079-559-8100(※郷の音ホールチケットセンター:079-559-8101/10:00〜19:00)
【指定管理者:JTBコミュニケーションズ・グループ】
Copyright(C)SATONONE HALL. All rights reserved.