展示&セミナー 「屏風の下張り文書からのぞく三田藩九鬼家のすがた」

主催公演 展示室 入場無料
「屏風の下張り文書からのぞく三田藩九鬼家のすがた」
※画像をクリックするとチラシPDFが表示されます

このたび、三田市内の旧家が所蔵する屏風の下張りから、17世紀前半ごろの書簡など、三田藩家老・九鬼図書家にまつわる資料が大量に発見されました。
下張り文書のなかには、大坂夏の陣の際、九鬼家が陣中で発令したと考えられる法度の写しといった文書などもあります。17世紀前半から中ごろにかけて、三田藩の家中の様子がわかる同時代史料は必ずしも多いわけではないことから、貴重な地域史料として注目を集めています。
地域史料の保全・活用に取り組む歴史資料ネットワークでは、ボランティア作業として屏風の解体作業を実施し、史料の目録作成や解読を実施してきました。そうした活動の紹介とともに、史料の分析からみえてきた「三田藩主九鬼家のすがた」を、史料の展示とともにご紹介します。

日時
2019年11月23日(土)

展示:13:00~16:00
セミナー:14:00~15:00(定員95名)

場所
展示室
講師

河野 未央(歴史資料ネットワーク個人運営委員・尼崎市立地域研究史料館学芸員)

料金
入場無料
問い合わせ先
郷の音ホールチケットセンター
〒669-1531 兵庫県三田市天神1-3-1
TEL:079-559-8101
主催

三田市総合文化センター指定管理者JTBコミュニケーションデザイングループ

協力

尼崎市立地域研究史料館

コーディネート

河内 厚郎