さとのねブログ

三田市総合文化センター「郷の音ホール」オフィシャルブログ


7/7 7/8「さとのね七夕フェスティバル」イベント紹介

【月亭文都さんと笑う門には福来る!】

引き続き、7/7(土)「さとのね七夕フェスティバル」イベント紹介です!
身振り手振りで1人何役も演じ、小道具は扇子と手ぬぐいのみ、シンプルだけど奥の深い落語。
昨年、河内厚郎プロデュース 芸能入門講座でも好評いただいた月亭文都さんと間近でコミュニケーションできる体験型落語会を開催します。

月亭文都さん.jpg

11時からは「月亭文都のおやこでたのしむ落語!」。
高座にあがったり、しぐさを体験したり・・・落語のいろはを学んで、落語をお聴きいただきます。
親子でなくても大丈夫!子どもだけでも大人だけでも参加OKです。

14時からは「月亭文都の落語を十倍楽しむ方法!」。
落語の面白さを伝える3つの要素を伝授いただきます。
それから初歩編の落語、中級編の落語を聴き比べてください。
落語ビギナーもマニアも大満足のレクチャー付落語会です。

投稿者: staff 日時: 2018年7月 1日 15:16


7/7 7/8「さとのね七夕フェスティバル」イベント紹介

【じぇじぇじぇ~!「あまちゃん」音楽担当の大友良英さんも出演!】

引き続き「さとのね七夕フェスティバル」イベント紹介です!
7/8(日) 音遊びの会公演 『音のたなぼた んだんだばたばた』
13:30開演(13:00開場)小ホール

知的な障害のある人を含むアーティスト大集団「音遊びの会」がさとのね七夕フェスティバルに初登場!
楽譜や決まりごとはなし、演奏スタイルや表現のジャンルを超えた自由な即興演奏を軸にした舞台は、見る者を釘付けにすること間違いなし!

YATSUI-FESTIVAL!-2018-by-Soshi-Setani_20180616i-2.jpg

2013年、郷の音ホールでも大いに盛り上がった「あまちゃん」スペシャルビッグバンド公演で作曲とバンドマスターを担当された大友良英さん、音遊びの会初期からのメンバーであり、会の「東京の叔父さん」的存在だそう。
さらに、ゲストはテニスコーツ さやさんと船川翔司さんによるYAKATA。
音遊びの会とどんな化学反応を起こすのか・・・お聴きのがしなく!!

投稿者: staff 日時: 2018年6月28日 09:00


7/7 7/8「さとのね七夕フェスティバル」イベント紹介

本日も、7/7、7/8開催の「さとのね七夕フェスティバル」イベント紹介です!

【7/7(土) オペラシアターこんにゃく座公演 オペラ「銀のロバ」】
14:30開演(14:00開場)小ホール

5人の歌役者とピアニストで紡ぎだす、森の中で繰り広げられる3日間の成長の物語
ファミリー向け、子ども向けの音楽劇、和製オペラです。
「出会い」と「別れ」のものがたりを、美しい音楽と歌声に乗せて届けます。

02 秘密.JPG

森の中でふたりの姉妹マルセルとココは、戦場を逃げだしてきたひとりの兵士と出会う。
兵士はちいさな銀のロバを持っていた。そのロバは病気の弟が兄へ渡した幸運のお守りだった。
兵士が語るロバをめぐる物語。海を越えた故郷の国へ兵士を帰してあげようと、兄パスカールを巻き込んでの姉妹の冒険がはじまった。
兵士は無事故郷へ帰り着くことができるのか…。

大切なものを教えてくれる、心あたたまるものがたりを、大切な人と一緒に是非ご覧ください!

料金:一般2,000円 高校生以下1,000円(当日は各500円増) 3歳未満膝上無料(お席必要な場合は有料) 全席自由席

投稿者: staff 日時: 2018年6月27日 09:00


さとのね七夕フェスティバル イベント紹介!

毎年恒例、郷の音ホール開館記念イベント「さとのね七夕フェスティバル」。
今年は7月7日(土)8日(日)に開催します。本日より順次各イベントをご紹介します。
みなさまお誘い合わせの上、是非ご来館ください!

【7/8(日)人形劇団ひとみ座公演 大江戸人形喜劇 弥次さん喜多さんトンちんカン珍道中】
14:00開演(13:30開場)大ホール

日本中に愛されたテレビ人形劇「ひょっこりひょうたん島」の人形劇団ひとみ座が贈る、痛快な大江戸人形喜劇!

珍道中イメージ画像(180217受け取り).jpg

江戸日本橋から西へ西へとめざすはお伊勢参り。
弥次さん喜多さんの凹凸コンビが巻き起こす笑い満載、ちょっぴり涙ありの珍道中。
太鼓に三味線、お囃子の生演奏付き♪
是非ご家族でお楽しみください!

料金:一般1,500円 高校生以下500円(当日は各200円増) 親子ペア1,800円(前売りのみ) 3歳未満膝上無料(お席必要な場合は有料) 全席自由席

 

投稿者: staff 日時: 2018年6月25日 16:13


三田 郷の音 徒然に

ショートエッセイ『三田 郷の音 徒然に 31』

皆さま、こんにちは!

さて、今回は比較的よく聞かれる質問「本番当日、舞台に上がるまで皆はどうやって時間を過ごしているの?」について書いてみたいと思います。(注:あくまで私の主観です!)

例えば、開演時間が19時からだとすると、殆どの場合、17時前後にはゲネプロを終えます。その後は、即!英気を養いに食事に出る人(特に金管の人に多いような…笑)、もう一度譜面をおさらいする人、リードを黙々と削る人、楽屋で仮眠をとる人、読書にふける人、動画を見る人、ストレッチをする人…等、本当に色んな時間の過ごし方があります。こうして書き出してみると、ONとOFFの使い分けが上手な人が多いなぁと感じます。私は…外に食事に出かける派です。(公演を乗り切る為、濃いものを食べます!笑)

photo31.jpg

余談ですが、ステージ裏の壁には今までその舞台に立ったオーケストラや世界的ソリスト達のステッカーとサインがびっしりと飾られています。この写真で何となく雰囲気が分かりますでしょうか?

さて、間も無く開演時間です。今日も演奏出来る事に感謝して、いざ舞台へ!

クラリネット奏者
高橋由有子

  ~次回もお楽しみに!~

 

投稿者: staff 日時: 2018年6月 4日 10:28


館長のつぶやき(6月)

 梅雨のシーズンが参りましたが、異常気象にならないことを祈っております。

そんな防災意識の高まる中、今年の9月1日防災の日に、郷の音ホールでは「避難訓練コンサート」を実施する予定です。日頃は職員だけで訓練をしていますが、実際にお客様にもご参加いただき、より現実的な訓練をして、もしもの時に備えようと思っております。

今回演奏をお願いするのは、陸上自衛隊第3師団直轄の音楽隊のメンバーで、音大卒の精鋭ぞろいです。音楽を主任務とする専門部隊として、自衛隊の儀式や部隊・隊員の士気高揚を図る演奏活動に従事されている音楽隊のコンサートをまずお楽しみいただきます。その後、大きな地震が発生し火災が起こったという想定で、お客様にはスタッフの誘導でホール外へ避難いただく予定で計画をしております。

皆さまも、郷の音ホールの避難訓練を私達スタッフと体験してみませんか?

投稿者: staff 日時: 2018年6月 1日 09:40


5月13日(日) 爆笑よしもと 三田お笑いライブ2018についてのお知らせ

本公演に出演を予定しておりました吉田裕は肝膿瘍を患い入院中のため休演となります。
出演を楽しみにして頂いていた皆様には深くお詫び申し上げます。
尚、出演者変更に伴うチケットの払戻はございません。あしからずご了承くださいませ。

投稿者: staff 日時: 2018年4月20日 14:38


館長のつぶやき(4月)

桜咲く、大変気持ちの良い季節になりました。今年は特に、寒さが厳しかったのでより春が待ち遠しかったですね。2月に開催しました「三田市美術展」と併催しました高校生による「三美展」についてつぶやきます。

今年は、本会期以外に、期間を延長して入賞作品の特別展示も行い、より多くの方にご鑑賞いただく事を試みました。ご来場の方や出品者の方から、この寒い時期になぜ開催するのかとのお声も頂いておりますが、市民のみなさまのおかげで、リハーサル室など多くの利用がある時期を鑑みますと、この時期しか展示スペースが確保できない実情もございます。

市展賞や優秀賞に輝いた各部門の作品や高校生の素晴らしい作品を拝見させていただいて、レベルの高さに驚かされました。もちろん、専門家ではありませんが、一般人の私でも素晴らしさが理解でき、少しチャレンジしてみたくなるのは私だけでしょうか?

投稿者: staff 日時: 2018年4月 6日 00:00


三田 郷の音 徒然に

ショートエッセイ『三田 郷の音 徒然に 30』

皆さま、こんにちは!突然ですが、私は3/8より1週間ほどクラリネット四重奏のコンサートに出演する為、オランダとドイツに出掛けていました。2回目のかわら版はその帰りの機内からお届け致します!

今回、オランダはフローニンゲン、ドイツはカッセルという街でコンサートを開催しました。海外で演奏する度に思うのですが、こちらの皆さんの反応は1曲終わる毎に「オォォー!」「ハハーン!」と、とってもダイレクトです。(という事は、演奏が良くなければ、曲の途中でも帰ることは普通にあるのです。奏者目線から見ると心が折れそうですが...)私達はというと...どの会場も皆さんに温かく迎えていただき大成功の公演となりました!(笑)

余談ですが、今回の滞在中で1番使用した文章が、オランダ語で Ik wil drinken bier!(イック ヴィル ドリンケン ビアー = 私はビールが飲みたい!)です。何度この文章を言ったか覚えていませんが、音楽とお酒はやはり世界共通の言葉だなぁ!と痛感した1週間の旅でした(笑)。

photo.jpg

 クラリネット奏者      高橋由有子

  ~次回もお楽しみに!~

 

投稿者: staff 日時: 2018年4月 1日 14:16


館長のつぶやき(2月)

真冬の寒い中、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

今年は冬季オリンピックも開催されますので、家の中でテレビ観戦でしょうか?それともゲレンデでシュプールを描いたり、スケートリンクで転んだりしているのでしょうか?そんな中でも、ぜひ郷の音ホールにもお越しいただければと思います。

この紙面で紹介している事業以外でもお子様向けには、体験型の「わくわくフルート初体験」、鑑賞型のどうぶつ達のカーニバル「クラシック・ミーツ・キッズ」を開催。お馴染みになってきました「中村翔太郎とN響のステキな仲間たち 真冬の熱いクラシック」や「ランチタイム・コンサート津軽三味線&篠笛」演奏等、数多くの事業を開催します。

貸館としても多様なスペースがございますから、お客様の希望に合わせて、たくさんご利用いただければ、館内も賑わいで暑く熱くなってくるのではと思っております。

投稿者: staff 日時: 2018年2月 4日 12:54

WHATS NEW

2018年7月
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のエントリー

カテゴリー一覧

月別アーカイブ



最近のコメント

最近のトラックバック

Powered by
Movable Type 4.1