さとのねブログ

三田市総合文化センター「郷の音ホール」オフィシャルブログ

ホーム > essays > 三田 郷の音 徒然に

三田 郷の音 徒然に

ショートエッセイ『三田 郷の音 徒然に 24』 

 こんにちは!
2月4日の真冬の熱いクラシックvol.6、たくさんのお客様に聴きに来ていただき、無事終えることができました!
ありがとうございました。
今、WBCで日本代表が戦っていますね(3月15日現在)。
ヒーローインタビューで「ファンの皆様の声援があったから頑張れました!」と言っていますが、僕たち演奏者も同じです。
たくさんのお客様に聴きに来ていただけるとその分モチベーションも上がります。
是非会場に足を運んで、演奏を聴きに来てくださいね!あ、もちろんお客様が少ないときでも全力で弾いていますよ(笑)

さて、N響は2月25日から3月10日まで6ヵ国7都市でヨーロッパツアーに行っていました。
ベルリンで始まり、ルクセンブルク、アムステルダム、パリ、ロンドン、ウィーン、ケルンと回りました。
どの演奏会も好評で、首席指揮者であるパーヴォ・ヤルヴィ、ソリストのジャニーヌ・ヤンセンの人気、実力を再確認し、改めてN響の良さも感じることができました。
このツアーで一番嬉しかったのはある批評で「(中略)特にヴィオラがベルリンフィルを彷彿させるサウンドだった。」と書かれていたことです!!!

 長くなってしまったので、また次号でツアーの続きを書こうと思います!

 


 NHK交響楽団次席ヴィオラ奏者     中村翔太郎

~郷の音ホールを愛するゆかりの方々によるショートエッセイ第24回です。次回もお楽しみに~

投稿者: staff 日時: 2017年4月 1日 14:55

2017年4月
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のエントリー

カテゴリー一覧

月別アーカイブ



最近のコメント

最近のトラックバック

Powered by
Movable Type 4.1