さとのねブログ

三田市総合文化センター「郷の音ホール」オフィシャルブログ

ホーム > essays > 三田 郷の音 徒然に

三田 郷の音 徒然に

ショートエッセイ『三田 郷の音 徒然に 23』 

 こんにちは!ピアニストの深井千聡さんからバトンを引き継ぎました、中村翔太郎です。一年間、よろしくお願いいたします。
 さて、2月4日は第6回目となる【~中村翔太郎とN響の素敵な仲間たち~真冬の熱いクラシック】を開催いたします。
第1~3回は東京藝大の仲間と、4回からはN響の仲間と演奏しています。今回初めて管楽器(フルート)を加えます。
 今年三田で「第5回三田ユネスコ・フルートコンクール」が開催されるということもあり、聴きに来てくださるお客様にフルートの魅力を知ってもらえたらなぁ、と思います。

 少し思い出話を。僕は中学校の頃から管楽器に馴染みがありました。何故かというと、通っていた藍中学校の吹奏楽部が盛んで、全国大会にも出場したほどの強豪校でした。文化祭でしか演奏を聴く機会はありませんでしたが、当時ヴァイオリンしか知らなかった僕にとって、大きな影響を与えてくれました。
吹奏楽を聴くと本当に元気が湧いてくるのです!
 2月4日、是非会場に足を運んでいただいて、弦楽器はもちろんフルートの魅力も見つけにきてください!


 NHK交響楽団次席ヴィオラ奏者     中村翔太郎

~郷の音ホールを愛するゆかりの方々によるショートエッセイ第23回です。次回もお楽しみに~

投稿者: staff 日時: 2017年2月 1日 17:41

2017年2月
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のエントリー

カテゴリー一覧

月別アーカイブ



最近のコメント

最近のトラックバック

Powered by
Movable Type 4.1